to TSURUMA八王子さんぽtopへ戻る
楽しむ ムームーが教える鶴間注目スポット
01「泉の森」で自然を満喫しよう

引地川の源である大和水源地を中心に広がる「泉の森」は、植物や野鳥をはじめ自然観察にピッタリの場所です。大和市は、夏は暑くて雨が多く、冬は寒くて雨の少ない気候で、もともとはカシ類を中心とした常緑広葉樹林が広がっていました。現在、その樹林の多くがスギなどの植林地やクヌギ・コナラなどの二次林に置き換わってしまいましたが、「泉の森」には面積1,588平米ほどの「しらかし林」が広がっています。この「しらかし林」は相模野台地の景観を今に残す貴重なものとして昭和42(1967)年に神奈川県の天然記念物に指定されました。
そのほか、「自然観察センター・しらかしのいえ」や「泉の森ふれあいキャンプ場」、「郷土民家園」、「遊びの小川」、「水車小屋」、「湿性植物園」など見どころも豊富で、いろいろな過ごし方ができそうです。

自然観察センター・しらかしのいえ

住所:大和市上草柳1728
電話番号:046-264-6633
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
HP:http://www.yamato-zaidan.or.jp/shirakashi

自然観察センター・しらかしのいえ

「自然観察センター・しらかしのいえ」は、自然をメインテーマとし、大和の自然を守り育てていくための様々な活動の拠点となる施設。自然に親しめる多彩なイベントも頻繁に開催されています。
建物の1階には大きな水槽などがあり、様々な生き物や植物の展示、季節に応じた自然情報の掲示のほか、暖炉がある交流スペース(土間)、小さな子どもが靴を脱いで遊べるキッズコーナーなども。2階に上がると、児童向け絵本から大人向け専門書まで並ぶ図書コーナーや、豊かな森の景色が楽しめる展望デッキなどもあります。

また、建物の前は草花遊びや昆虫観察ができる原っぱになっており、子どもたちに人気です。

泉の森ふれあいキャンプ場

「泉の森」内の西エリアには、青少年が自然と触れ合い、心豊かな人間生活を培うことを目的とした施設として「ふれあいキャンプ場」があります。丸太造りの炊事場棟の外に野外テーブル16基があり、緑の中でかまどに火をおこしてバーベキューや飯盒炊爨(はんごうすいさん)などを楽しむことができます(完全予約制)。

使用料および、鍋・包丁・鉄板など必要な器具の貸し出しも無料です。また売店で燃料(炭、薪)やお菓子・アイスなどの販売もされています。周りはクヌギ・コナラ・スギ・ヒノキなどの樹林に囲まれた自然豊かな環境となっています。木製遊具もあるので、子どもから大人まで一緒に楽しむことができます。

泉の森ふれあいキャンプ場

住所:大和市上草柳1794
電話番号:046-260-5795
営業時間:9:00~16:00(7、8月は18:00まで)
定休日:12月29日~1月3日、12月~2月の平日
HP:http://www.yamato-zaidan.or.jp/izumi/泉の森ふれあいキャンプ場

02 鶴間の歴史にふれよう

鶴間周辺はかつて「下鶴間宿」として栄えていた場所で、今でもその名残をとどめています。また境川沿いの台地上には戦国時代の古い城跡もあります。昔の風景に思いを馳せながら歴史散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

深見城跡(深見歴史の森)

大和市下鶴間字乙5号2714外
HP:http://www.city.yamato.lg.jp/web/shakai/reki05-01.html

深見城跡(深見歴史の森)

大和市の東の端、境川沿いの小高い丘の上に「深見城跡」があります。深見城はその構造などから戦の際の陣城であったものと推定され、築城は室町時代、城主は山田伊賀守経光と云われていますが、詳細は不明です。土塁(敵の侵入を防ぐために堀の外側に土を盛ったもの)や堀の跡が現在も残されており、当時の面影を今に伝えています。頂上付近にある説明板に「深見城跡遺構想定図」も描かれているので、これを見てイメージを膨らませながら歩くのがおすすめです。
城跡の周りには人の手があまり加えられていない豊かな自然林が広がっており、「深見歴史の森」として静かな散策スポットになっています。城跡の近くには小さな稲荷もあります。

大和市下鶴間ふるさと館

市指定重要文化財である旧小倉家住宅の母屋と土蔵が復元されている「下鶴間ふるさと館」。母屋は1856(安政3)年に建築されたもので、東海道の脇街道である「矢倉沢往還」の下鶴間宿に残された宿場町時代の唯一の商家建築として県内でも数少ない貴重な建物となっています。

雑貨商を営んでいた小倉家の取り扱い商品はかなり幅広かったようで、母屋の中には薬品・医療用品や金物など当時扱われていた様々な商品が資料として数多く展示されています。さらに奥に進むと、趣ある座敷に、日当たりのよい縁側。昔遊びのおもちゃや大和の歴史がわかる本なども置かれており、江戸時代にタイムスリップした気分でのんびりと楽しい時間が過ごせそうです。

大和市下鶴間ふるさと館

住所:大和市下鶴間2359-5
電話番号:046-272-6556
営業時間:10:00~16:00
休館日:月・火曜日(祝日の場合は開館)、祝日後の平日、
12月29日~1月3日
HP:http://www.city.yamato.lg.jp/web/shakai/furusatokan.html

スポットマップ

この地図をフルスクリーンで表示(別ウインドウが開きます)

鶴間さんぽtopへ戻る