【OHANA 公式ホームページ】+5㎡以上のワンダフル|-オハナ中浦和-JR埼京線「中浦和」駅徒歩12分・JR武蔵野線「武蔵浦和」駅自転車で7分。全邸72㎡超、豊かな緑に囲まれた新築マンションです。

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイアル0120-154-087

営業時間/10:00〜18:00(水・木定休)
※祝・祭日は休まず営業いたします。

広さを選べるのは購入時だけ。後悔しない「広さ」を選ぼう。広さを選べるのは購入時だけ。後悔しない「広さ」を選ぼう。

首都圏の新築マンションの平均面積は調査開始以来、
最小の水準を推移。

首都圏(1都3県)新築マンションの購入調査(2019年)によると、
1戸当たりの平均専有面積は67㎡となっており、
調査開始以来住戸の面積は最小水準を推移しています。

※エムアールシー調べ(2020年5月・対象エリア:一都三県)

一方、「住宅購入・建築検討者」調査による『解決したい住まいの課題』の
第一位は「住戸が狭い(専有面積)」、第二位は「収納が狭い」が挙げられており、
「駅距離より広さ重視派」が増えるなど、『広さ』は住宅購入の重要なキーワードになっているようです。

広さを選べるのは、購入時だけ。 いまも未来も快適な『広さ』を選ぼう。広さを選べるのは、購入時だけ。 いまも未来も快適な『広さ』を選ぼう。

リモートワークの普及により、
さらに広さが重要に。

リモートワークの普及により、住まいに「ワーキングスペース」の環境を整えた人は約70%。
通勤時間が減り、自由な時間が増えるなど嬉しいことがある一方、「家だと気持ちを切り替えにくい」、「web会議で家の中を見せたくない」、などの悩みも多いのではないでしょうか。
職住融合という「新しい日常」に対し、
住まいにも「新しい視点」が必要になってきました。

テレワークの環境を整えた方は70%

調査元:リクルート住まいカンパニー
調査名:「テレワーク×住まいの意識・実態調査」2019年

テレワークの環境を整えた方は70

これからの家は 「生活の場+仕事の場」の 視点も必要。これからの家は 「生活の場+仕事の場」の 視点も必要。

〈オハナ 中浦和〉の答え

日々の「快適性」と、
未来を見据えた「対応力」。
それを満たすのが、
「+5㎡以上の広さ」だと
〈オハナ 中浦和〉は考えました。

首都圏平均面積より+5㎡以上の「広さ」を確保首都圏平均面積より+5㎡以上の「広さ」を確保

72㎡台~90㎡台
全13タイプをご用意。

+5㎡ってどのくらいの余裕だろう?+5㎡ってどのくらいの余裕だろう?
広さが叶えるワンダフルな暮らしをご紹介。広さが叶えるワンダフルな暮らしをご紹介。

さまざまなプラスの広さをご用意しました

+5㎡PLAN

家族の成長や時代の変化にも
しっかり対応できる72㎡台。

B1 TYPE 3LDK+N+WIC ●専有床面積/72.76㎡ ●バルコニー面積/11.40㎡B1 TYPE 3LDK+N+WIC ●専有床面積/72.76㎡ ●バルコニー面積/11.40㎡

一部屋まるごと、「ホームオフィス」や 「ドレッシングルーム」として贅沢に使う。一部屋まるごと、「ホームオフィス」や 「ドレッシングルーム」として贅沢に使う。

共働き世帯が増えた今、高まっているのが「自分だけの空間」へのニーズ。
個室では仕事や趣味に集中し、リビングでは一緒にリラックスと気持ちの切り替えもしやすい。

image photo
図面

ベビースペースを作っても、 引戸を開放すればゆったり寛げる最大17.5畳のLDK。ベビースペースを作っても、 引戸を開放すればゆったり寛げる最大17.5畳のLDK。

これだけの広さがあれば、日中、ベビーベッドをリビングに移動しても余裕。
チェストやプレイマットを置いても、パパとママのくつろぎスペースが圧迫されることはありません。

image photo
図面

大型収納のある子供部屋を確保しつつ、 子供にお片づけの習慣づけを。大型収納のある子供部屋を確保しつつ、 子供にお片づけの習慣づけを。

子供が成長したらWIC付きの自室をプレゼント。部活道具や思い出の品もたっぷり収納でき、自分の持ち物を整理するスキルも育めそうです。

image photo
図面

リビング横の洋室(3)に、3m超の ロングデスクで、家族のスタディコーナー化。リビング横の洋室(3)に、3m超の ロングデスクで、家族のスタディコーナー化。

柱型がないので、3m近いロングデスクもすっきり配置可能。
キッズの学習スペースとしてはもちろん、リモートワーク時の仕事もここで。

image photo

※掲載の間取りは計画段階のものであり、変更となる場合があります。

オハナ 中浦和は「広さ・収納」への工夫がいっぱい!オハナ 中浦和は「広さ・収納」への工夫がいっぱい!
E2タイプ間取りイラスト

奥行きアップ玄関奥行きアップ玄関

オハナの玄関は、たたき部分が広い「奥行きアップ玄関」。
ベビーカーから車イスまでがスムーズに入り、
スツールやコート掛けなど色々置けるクロークスペースが確保されています。

色々置ける便利な「クロークスペース」色々置ける便利な「クロークスペース」
玄関の奥行きを活かした ワイドな「下足入れ」玄関の奥行きを活かした ワイドな「下足入れ」

押入クローゼット押入クローゼット

収納棚とパイプハンガーを備え、家族の成長に合わせて収納スタイルを変えられる、マルチユースな「押入クローゼット」をはじめ、大型WICや納戸など大容量の収納が充実しています。

かさばる季節の布団もしっかり入る「棚スペース」
押入クローゼットかさばる季節の布団もしっかり入る「棚スペース」
ご主人にも専用のクローゼットをご主人にも専用のクローゼットを
収納イラスト
お子さまと奥様のクローゼットとして使用お子さまと奥様のクローゼットとして使用
収納イラスト
お子さまたちの共有クローゼットにお子さまたちの共有クローゼットに
収納イラスト
WICや納戸の奥行きも 深めに設計!WICや納戸の奥行きも 深めに設計!
時代のニーズを見据えた、 細やかな配慮時代のニーズを見据えた、 細やかな配慮

アウトフレーム&梁内蔵壁アウトフレーム&梁内蔵壁

柱型を外に出すアウトフレーム工法で、リビングルームを隅々まで有効的に使えます。
また梁内蔵壁の採用により、天井の梁を抑えたスッキリ空間を実現しています。

E2タイプ間取りイラスト

※掲載のE2タイプ間取りイラストは計画段階の図面を基に描いたもので、実際とは多少異なります。また、家具・調度品類他、オプションは販売価額に含まれておりません。
※住戸により広さや仕上げは異なります。※掲載の写真はE2タイプを撮影(2020年5月)したものです。家具・調度品類他、オプションは販売価額に含まれておりません。

Copyright © OHANA. All rights reserved.
【公式】野村不動産 -OHANA- オハナ 中浦和